アレクサンダーテクニーク / Alexander Technique - Ken

アレクサンダーテクニークについてや、いろいろなことを書いていきます。

台湾1

お休みをいただいて台湾に行ってきました。面白いかどうか分からないけれど旅行記です。書き終えられるかな。

f:id:alexander-ken:20170823171827j:image

 

・とにかく近い

かっこ株式会社」さんによると、日本国内で東京から3時間ちょっとで行けるところは、

 

金沢21世紀美術館(石川県):3時間26分
・道頓堀(大阪府):3時間28分
五稜郭公園(北海道):3時間30分
・中洲(福岡県):3時間30分

 

だそうです。台湾は羽田から直行便で3時間くらいで着きます。近い!

 f:id:alexander-ken:20170823171922j:image

台湾の松山空港に到着。台北市内のど真中にあるので便利です。

 

 

・インターネット

今回は現地で SIM カードを買うことに。現地ですぐ受け取れるように、インターネットで予約しておきました。中華電信の SIM カードはデータ通信が使い放題。5日間で NT$300 = 1,100 円くらいです。wi-fi ルーターをレンタルするよりお得かもしれません。中華電信のカウンターは台湾に入国してすぐにあります。受付の人とがんばってむちゃくちゃな英語でやり取りしていたら、ほかの受付の人が日本語でやり取りしていました。なんだ〜笑

f:id:alexander-ken:20170823173555j:plain

f:id:alexander-ken:20170823172436j:image

台北市内と、ホテルからの眺め。とにかくバイクが多い。

 

・夜市

台北の朝は遅く、夜も遅いそうです。いくつかの夜市があって、これは小さめのところで遼寧街夜市。

f:id:alexander-ken:20170823172719j:image

f:id:alexander-ken:20170823173745j:plain

f:id:alexander-ken:20170823173749j:plain

 

 

 

Miya Andoさんと福永監督

芸術家のMiya Andoさんの作品展示会です。期間が延長されて、8月27日まで渋谷西武美術画廊などで展示中。


https://vimeo.com/59431842
↑これは何年か前に、Miya Andoさんのインタビュー動画で作曲をやらせていただいたものです。企画はメルセデスベンツ様。このとき監督だった福永監督の映画「リベリアの白い血」はアップリンクで9月1日まで上映中です。

どちらも是非 :)


リベリアの白い血」全国上映スケジュール

〈福永監督出身地〉
■北海道ディノスシネマズ札幌劇場 9/2(土)~ 
※初日福永監督挨拶
■北海道ディノスシネマズ室蘭 9/2(土)~ 
※初日福永監督挨拶
香川県 ソレイユ・2 9/9(土)~9/22(金) 
※初日福永監督舞台挨拶
■栃木県宇都宮ヒカリ座 9/16(土)~9/28(木)
■愛知県名古屋 シネマスコーレ 9/16(土)~9/22(金) 
※初日福永監督挨拶
大阪府シネ・ヌーヴォ 9/23(土)~10/13(金) 
※初日福永監督挨拶
大分県シネマ5 9/23(土)~9/29(金)
宮城県フォーラム仙台 9/23(土)~10/6(金)
詳細こちら
https://liberia-movie.com/theater/

「寄る年波には勝てぬのが、コンピューターの常でござる」の巻

というわけで、スタジオの音楽仕事用コンピューターを刷新した。27インチのiMac、画面が広い!

ところがどっこい、セッティングと実験をはじめてかれこれ一週間がたつけれども、終わる気配がまったくない。新しいコンピューターからは、聴いたことがない感触の音が再生される。扱いやすい音が出る為の、コンピューター運用方法が見つかるまで、ていねいに、のんびりと、実験していく所存でございます。実験に協力してくださっている楽器店のみなさま、ありがとうございます。

8月が終わるまでにはいい音を出して、仕事でバリバリ使えるようになりますように!

「何も考えない、何も動かない、何もしない。」

「何も考えない、何も動かない、何もしない。」

あるワークでのイラン・レイシェル先生のことばです。

一週間、Ilan Reichel先生のもとで学んできました。
ワークショップのタイトルは「表現のためのアレクサンダーテクニーク」。
そのうち4日間は「感覚の窓を開きましょう」というタイトルで、残りの3日間は「パフォーマンス能力を向上させる」というタイトルでした。

彼は元RADA (イギリス王立演劇学校) の講師であり、現在はLISPA (The London International School of Performing Arts) の講師でもあります。わたしが学んだアレクサンダーテクニークの同門、パトリック・マクドナルド先生の元で学ばれた大大々先輩でもあります。

なにも考えないで、なにも動かないで、何もしないってなんだろう?まるでナゾナゾのようだけれど、ここに沢山の(健康や表現や生きること、そのほか色々なことが)豊かさへと向かいはじめる為のヒントがあるように思います。一週間、よく動き、よく立ち止まって、ただ待って、見ることを沢山やりました。体験的な学びなので、うまく言葉にはできないけれど、日常でも、レッスンでは皆さんとも探究していきたいです!


ワークショップ終了後の、Ilan Reichel先生と風呂上がりのような私。



今月のアレクサンダーテクニークのレッスン予約可能日をお知らせします。中旬まではだいぶ埋まりましたが、後半はまだご予約可能です。レッスンの詳細については下記URLをご覧下さい。
http://thesounder.net

8月10日(木曜日) 予約終了
8月11日 予約終了
8月12日 予約終了

8月13日(日曜日) 予約終了
8月14日 予約終了
8月15日 予約終了
8月16日 予約終了
8月17日 予約終了
8月18日 予約終了
8月19日 予約終了

8月20日(日曜日) 予約終了
8月21日 予約終了
8月22日 予約終了
8月23日 予約終了
8月24日 16:00〜17:00
8月25日 13:00〜20:30
8月26日 9:00〜15:30

8月27日(日曜日) 12:00〜13:00、15:30〜18:00
8月28日 15:00〜20:30
8月29日 17:00〜20:30
8月30日 9:00〜20:30
8月31日 9:00〜10:15、11:45〜20:30

*レッスン料金は、1レッスン40~45分 5,000円 (初回のみ 60分 6,000円) です。

*最新のスケジュールなどは、メールにてお問い合わせ下さい。
eMail : ken@thesounder.net

即効性のある解決方法

教えてもらったら忽ち解決するような、即効性のある方法というのは確かに存在する。しかしほとんどの場合、効果が長続きした試しがないのは何故だろう。新しい方法は、あっという間に習慣となってしまい、新しい困ったことを作り出すことが、ほとんどだ。困ったら、また即効性のある解決法を手に入れることもできる。数年後、あなたは抱えきれないくらいの解決法に溺れそうになって、立往生するかもしれない(えらそうに言っている私もなんども溺れたし、今でもまだ溺れそうになることがある!)。

だからこそ、その場しのぎの "how to" ではない、恒久的に役に立つことを学んでみませんか?と提案しているのがアレクサンダーテクニークとも言えるかもしれない。アレクサンダーテクニークを学ぶにはちょっと時間がかかる。たとえば語学を学ぶとき、はじめはことばを聴き取れない。何が何だか分からない。学び続けると段々と少しずつ聴こえるようになり、理解して使えるようになる。アレクサンダーテクニークの学びは、語学を学ぶことと、ちょっと似ているかもしれない。

甘いタレの餃子とか。大阪と神戸。

今日から数日、大阪と神戸に来ています。打ち合わせ、練習会、研修とアレクサンダーテクニーク三昧な旅です。着いてすぐエスカレーターで「あ!並ぶところ逆だったっけ!」となりました。習慣の違いに頭がウニになっておもしろい😈

大阪では「旧ヤム鐵道」で、スパイシーで美味しい四種+αのカレーをいただきました。少しずつ混ぜながら食べるのもまた、美味しかったです。7月から下北沢にもオープンするそうです。

打ち合わせ&レッスンを終えて神戸で晩ごはん。餃子のお店をはしご!こちらでは甘だれで食べるんですって。店員さんに「漬けてあるニンニクと一緒に食べて」と勧められてやってみたら、とても美味しくて箸がとまりません。店員さんに「そればっかり食べると整腸作用でさ…」と耳うちされたり、どうタレを混ぜると美味しいかを教えてもらったりで、楽しい会話でした。二軒で4皿食べました。帰宅するまでに太りそう!



旧ヤム鐵道。オールがけ。




瓢たん
若い人たちが2人で「5人前!」と注文していて目を丸くさせましたが、写真の通り餃子は小ぶりで、一人前で7個くらいだからペロリと平らげられます😋





淡水軒。大葉が入っているそうです。



神戸では電車の割引券が自販機で売られていてびっくりします。これは金券屋の外にありました。