アレクサンダーテクニーク / Alexander Technique - 海津賢 (かいづけん / Ken kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

羽生結弦さんとアレクサンダーテクニーク まとめ

先だって、テレビでフィギュアスケートを見ながら、家族に感想を話した。家族は「ふーん」と興味なさそうだった。いじけた私は、家族に話した感想をツイッターに投稿した。すると驚いたことに、投稿は大きな反響を呼んだ。今日(12月13日)現在で8万回を超える閲覧と、600以上のいいねをいただいた。皆様ありがとうございます。いま読み返しても自分的に面白いことを言っていたと思うので、投稿を加筆訂正してまとめてみた。

 

***

まとめ。
 
音を消したテレビでフィギュアを観ていると、ごく稀に音楽を感じさせる動き、要するにリズムのある動きをするスケーターがいて感動する。例えば、羽生さん。
 
音楽は大抵動きの邪魔をするか、動きのないものを補正か誤魔化す道具になることが多い。
 
リズムのある動きをするスケーターかどうかは、踊りだす前、立っているところだけを見ても分かる。たとえばサフチェンコさん。立つことに必要な筋肉を、必要な力しか使っていない。立つ時に自分の身体をそのように使っているから、滑り出しても使い方は変わらない。
 
羽生さんはアレクサンダーテクニークでいうところの、首に過緊張があまりない「首が自由であることを許した(Let the neck be free)」状態でいる。すると頭ー首ー背中(背骨)が動こうとするのを阻害することが少なくなり、無理やり筋肉だけで動くのではなく、必要な動きが自然と起こるようになる。勿論膨大な訓練の賜物でもある。
 
「首が自由であることを許した」状態でいると、頭ー首ー背中(背骨)が動こうとするのを阻害することが少なくなるって、分かりにくい。たとえば蛇のオモチャをイメージしてほしい。関節が固まってなければ、頭から動くと、その後が全部動く。羽生さんが蛇だと言っているわけではありませんが😅

 

蛇のおもちゃってこういうやつです。

(蛇のアイディアは、アレクサンダーテクニーク教師仲間の大塚由美先生からいただきました)

f:id:alexander-ken:20171213064244j:plain

http://www.event-goods.jp/handmaid/eh-137.htmlより写真を転載。

 

アレクサンダーテクニークについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。http://www.thesounder.net/saito/arekusandatekuniku.html

 

まとめを少し補足。音を消して映像を見るのは、もう10年以上やっている自分の趣味だ。職業柄、映像を見ながら作曲をする機会が多い。その映像には当然のことながら音楽がついていない。音楽のない映像は、例えばダンスや演技、カット割りがよく見える。音楽がついていないのに、動きを感じる映像と出会うと、とっても感動する。感動を求めて、普段でも音を消してみる鑑賞法を好むようになった。

【お知らせ】12月レッスンのご案内

12月のアレクサンダーテクニークのレッスン営業時間です。ご希望の時間が空いているか、ken@thesounder.netまでメールにてご連絡ください。

12月1日 予約終了
2日 予約終了
3日 予約終了
4日 予約終了
5日 予約終了
6日 予約終了
7日 予約終了
8日 予約終了
9日 予約終了

10日 日曜日 予約終了
11日 月曜日 予約終了
12日 火曜日 予約終了
13日 水曜日 予約終了
14日 木曜日 予約終了
15日 金曜日 予約終了
16日 土曜日予約終了

17日 日曜日 9時〜10時
18日 月曜日 14時〜17時
19日 火曜日 9時〜12時、18時〜20時
20日 水曜日 予約終了
21日 木曜日 11時〜16時30分
22日 金曜日 18時〜20時
23日 土曜日 9時〜20時

24日 日曜日 9時〜11時
25日 月曜日 9時〜17時
26日 火曜日 9時〜12時、18時〜20時
27日 水曜日 9時〜17時
28日 木曜日 9時〜12時、18時〜20時
29日 金曜日 9時〜12時
30日 土曜日 9時〜16時
31日 お休み

レッスン料金:    1レッスン 40~45分 5,000円(初回のみ60分 6,000円)
                            (2日前までのキャンセルはレッスン料の50%を、当日キャンセルは100%を頂戴します)
レッスン室:        東急田園都市線 梶が谷駅 徒歩13分

11月19日ワークショップの感想

心と身体は分け隔てられない、コインの裏表のようなもの。日本人にはお馴染みの考えですが、「分かる」と「できる」のちがいは結構大きいかも?


何かをしていると上手くやろうとしてしまう。
やることに夢中になってしまう。


こんな事は私だけでなく皆さん経験がいっぱいあることでしょう。
何かをしたあとで気になる事といえば、目標を達成できたかからはじまり、


心や感情、
相手との関係性、
雰囲気などなど、


いわゆる感じたことばかりになりがち。
目標を達成する事も、感じることも大切だとは思いますが、でもちょっと待って〜。

身体は一体全体どこにいっちゃったのだろう。
「心と身体は分け隔てられない」ことを分かる分かるって言ってたのに、なんかおかしいぞ。
何かをしている時、心だけじゃなくて、からだも感じていたんじゃないのか?
からだを無視してなかったか?
ってことは心を無視していた?!

こう書いていても、自分が今でもよくやる事ばかりなのでたじろいでしまいますが、
全部ただの習慣です、問題ではない

#習慣についてはこちらの記事をご覧ください(http://alexander-ken.hatenadiary.jp/entry/2017/03/07/211659)



昨日のワークショップは、「首を自由にすることを許す」こと、すなわち身体からアプローチし続ける事で結果的に「相手といる事」や「自分といる事」や「楽さ」や「心地いい関係」「居心地の悪さ?!」の一端を体験できたかもしれません。


共催の内海さんとは4回目の協働ともなると、状況に応じてぱっと会話をしてワークを二人で創造、進化させられ頼もしい相方さんでした。

アレクサンダーテクニークとインプロのワークショップにお越し下さった皆さま、ありがとうございました。


ファシリテート中の内海さん。

あるく

ギプス取れました。だがしかし歩いていたらチワワに追い越された、チワワに。景色が全く違って見える。


***


チワワより遅く、松葉杖を一本つかってあるく、あるく。

見知らぬおばあちゃんもおなじ速度で歩いている。

この速度で歩いていると、まわりの人のうごきは相対的にとてもはやく感じる。
それと、いつもとは違うことに気づきやすい。

たとえば、とてもとても小さいギターの音が聴こえてくる。
立ち止まって音のするほうを向く。
おばあちゃんも音が気になったようで、立ち止まっている。
楽器屋さんで誰かがアコースティックギターを試奏しているのが見える。
おばあちゃんは店に入っていった。
そしてすぐ出てきた。目があった。
ことばではない何かで、お店の中のことを報告してくれた気がしてうなずく。

私とおばあちゃんは、またおなじ歩速で歩きだす。

スキレット&カバーで初めてハンバーグを焼いた。

炊のいいところは、食べてみたかった大きさと形にハンバーグを形成できるところだ。

玉ねぎを飴色に炒めて冷まして、肉と合わせてこねて形を作って空気を抜いて。空気を抜くとき、右手から左手にハンバーグのタネをたたきつける方が、パン!という音からするとうまくいっている。左手から右手もより良くなるように挑戦だ、とやりはじめそうだったが、これまでの人生を振り返ると、ここでハンバーグを落として台無しになる率がかなり高いから、取り組むのはやめる。待つことで生まれた新たな選択肢だ。

あできたぞ。なんて大きいんだ。これが私の食べたかった大きさだ。男の牛肉100パーセント、繋ぎなんてやわなもんは使わない。よし焼くぞ。火加減を慎重に、焼ける音に耳を傾けて、神聖な肉との対話の時間だ。


まずはおもてを。



きたぞ!なんと絶妙な焼き加減!ナイフの入っていくさまがたまらない!さあ食べよう。





とっても、、、塩辛い。



何をしてしまったんだ。そうか、こだわりすぎて勢いで塩の分量を盛大に、たぶん二倍くらい間違えたのか。そこは待てなかったのか。なんて残念なんだ、楽しかったからまた作ろう!



I baked a hamburger for the first time using a skillets with covers. The best baking! I can't believe! Amazing!! But...I put too much salt in it. Salty....guilty...
Yes, next!

【お知らせ】11月19日(日)「インプロとアレクサンダーテクニークのワークショップ #4」

レクサンダーテクニークとインプロのコラボレートワークショップです。英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT)認定教師の海津賢とインプロ指導者の内海隆雄がそれぞれの関心を持ち寄り、アレクサンダーテクニークとインプロをお互いを探求していきます。心身・即興およびその関連にご興味のある方はどうぞご参加くださいませ。

アレクサンダーテクニークとは?
表現をするとき例えば、人によってはこんな願いを持っているかもしれません。もっとより良く表現したい、疲れにくくなりたい、ぎこちない動きを変えたい、もっと効率のいい努力をしたい、もっとコミュニケーションが取れるようになりたい、自由になりたい。これらがうまくいかないのは、身体の過緊張が妨げになっていることが多いです。今回は欧米の演劇では馴染みのある、アレクサンダーテクニークの入り口をご紹介いたします。無意識のうちに選択している行動(習性)をみていくことで、みなさんの願いや悩みを、新しい視点から見るきっかけを、一緒に探求できたらと思います。
インプロとは?
人は成長するにしたがって、過去の経験に基づいて未来のことを決めようとします。それは悪いことではありませんが、一方で今ここで起きていることや新しい可能性を見落としているかもしれません。インプロは即興演劇のことです。そして即興するとは今ここで起きていることを見て、そこから未知へと踏み出すことです。そこには新しい可能性があるかもしれませんし、無いかもしれません。しかしインプロにおいてひとつ言えることは、たとえ結果として可能性が無かったとしても、未知へと踏み出すこと自体に面白さがあるということです。そして同時に恐怖も……。人はどうしたら未知へと踏み出せるのか、探求してみたいと思います。
アレクサンダーテクニークとインプロのワークショップ #4

 

日時
2017年11月19日(日) 10:00~16:30(途中1時間お昼休憩あり)
場所
中目黒駅近くの会場(お申し込みいただいた方にお知らせ)
対象
アレクサンダーテクニークとインプロに興味があればどなたでも
参加費
5,000円(25歳以下4,000円)
定員
12名
申し込み
コチラのフォームよりお申し込みください。

11月4日ワークショップの感想

たっぷり3時間!

昨日は「アレクサンダーテクニークのワークショップ」にお越し下さりありがとうございました。
先生3人(棚橋和子先生、青沼愛先生、わたし)、少人数の生徒さんと3時間の贅沢な時間を過ごしました。

ワークショップの後半では生徒さんが動いているところに、先生たちが手を使って、生徒さんが自分のしていることに「気づく」お手伝いをしました(チェアワークと呼ばれている基本ワークです)。
生徒さんが自分の力でどんどん変化していくさまに、にんげんに備わっている自然なバランスってすごいなあと感動しました。

自分がやっている癖をやめていったときに、本来じぶんに備わっている自然なバランスがひとりでに動き出す体験って、普段はなかなかないんですよね。だからこの自然な変化はとても不思議な感じがします。「自分では何もしていないのに!」とか「先生が変えてくれた!」と感じることもあるかと思いますが、自分自身で起こした事なんですよ😊

ワークショップの最後には、

「普段は足を組んでいないと座っていられないのに、足を組まずに座っていられる!」

「肩まわりのコリが楽になった!」

などなど嬉しい感想をいただきました。

みなさんの自分でやりたいこと、困っていることを、アレクサンダーテクニークを使って本当に改善していけるようになっていくお手伝いが、これからもやれたらと思います。

f:id:alexander-ken:20171105102648j:plain
青沼愛先生の撮影


年内にあと3回ワークショップがあります。みなさんの参加をお待ちしております。

○子育て中のパパ・ママのためのアレクサンダーテクニーク ワークショップ
11月8日(水) 9:30〜11:30
http://kokucheese.com/s/event/index/489078/

○アレクサンダーテクニークとインプロのワークショップ#4
11月19日(日) 10:00~16:30(途中1時間お昼休憩あり)
即興演劇とのコラボ、4回目です。
http://thirdimpro.com/at-impro/

○音楽家のためのアレクサンダーテクニークのワークショップ
12月4日(月) 10:15〜12:45
プロ・アマ問いません。
http://kokucheese.com/s/event/index/488405/