アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

「わたし」の使いかた

フランスの真ん中あたりにある、ベジエ村に逗留しています。暑いなか教会まで散歩しました。建物の中は冷んやりとして気持ちいいです。


クロアチアの公演について「ダンサーがトランスしていると気持ちよく見える」とか、「音楽がとてもよく感情を表現できていて、聴いているとトランス状態になる」と、よく感想をいただきます。

トランスとは恍惚の事であり、我を忘れることです。我を忘れる状態には、ふた通りあるかもしれません。

①瞬間瞬間に必要なことを淡々とこなし、今している事が正しいかとか、どう感じているかが気にならない状態と、

感じに取り込まれて恍惚として、自分も周りも見えなくなっている状態、です。


①を目指しているのですが、なかなかに難しいです。

例えばダンスの話。身体がうまく使えている人は、感じていることに取り込まれて恍惚としても、身体は自動的にうまいこと動き続けているから、あんまり困った事にならないかもしれません。そういう人が指導者になったとき、悲劇が起こります。身体をどう使っているかは客観的に分かっていないのに言語化するもんだから、見当違いな指示(例えば口角を上げるとか、お腹を膨らますだとか、胸を上げるだとか)を生徒に出しやすいです。ここで身体の使い方の間違いが生まれます。もともと身体がわりと使えている生徒は稀にできて、体力の有り余る生徒は力ずくでやれて、他の多くの身体がうまく使えていない生徒は迷走します。
その上、感情を表現したりトランスする事を求められ、指導者と弟子たちは、まるで宗教のような恍惚の集団を作るのでした。


50年以上、手でものづくりをしている人が言いました。

「作っている時は淡々としていて、トランス状態にはならない。終わった時もやった!という達成感がない。ただ、おわった、だ。トランス状態になって気持ちよくなっているダンサーや音楽家が羨ましい」

私はその方の物作りに向かわれている状態を羨ましく、かっこいいなと思いました。

いい演技とは何か?

いい演技とは何か?
  1. 世界を共有する
  2. 心を揺さぶる
  3. 真実でいる
  4. 自意識をなくす
  5. お客さんを楽しませる
  6. リラックスしている
  7. ハイクオリティ
などなど
 
昨日のワークショップで、俳優さんたちに聞いたら出てきた言葉の一部です。こう思うことにはなんら問題はないです。ちょっとアレクサンダーテクニーク的視点を持ってくるのなら、この状態/結果にたどり着こうとした時、自分になにが起きているのか気づいたらどうなるか、状態/結果にたどり着く為にどのように取り組めるか、と考えてみます。
 
今回もひたすらに、からだ側から心身にアプローチすることに取り組みました。最後の振り返りの時間は、それはそれはとてもいい時間で(ちょっと内容はかけない)、アレクサンダーテクニークっていいなぁと改めて思いました。
 
だいぶ夏らしい空になってきましたね〜 :)

f:id:alexander-ken:20180603113822j:plain

リハーサル

今日は海外公演の初リハーサル。はじまる2時間前にさいごの曲が完成して稽古入りするも、いざ舞と合わせてみると違うねとなり。 みなさんの力を借りて公開作曲しながら舞も創作。無事に完成。

じぶんの作りたいものじゃなくて、そこに必要なものを選べばいい。もっと選べるようになりたいものです。!

刺激ってなんだろう?

今日の俳優のためのアレクサンダーテクニークのワークショップ、そもそも刺激ってなんだろう?からはじまって、自動的な反応に「ちょっと待って」を言い続けてるとどうなるか?を体験し続ける内容でした。

皆さんの変化がとても楽しかったです。

 

次回は6月2日土曜日となります。

俳優でなくとも、表現に興味がある方なら参加できますのでご連絡下さい。

alexander-ken.hatenadiary.jp

東京アザラシ団

東京アザラシ団さんの舞台のお知らせです。

音楽監督はSing Like Talkingの藤田千章さんです。
私はほんの少し作曲と編曲でお手伝いさせていただきました。

千章さんと電話で打ち合わせ中に、曲がばーっと見え、電話を終えてから15分で1曲完成させられたのは、とても貴重な体験でした。

皆様よろしかったら足を運んでください。

https://www.azadan.net/

感想とお知らせ 俳優のためのアレクサンダーテクニーク

一回目の「俳優のためのアレクサンダーテクニーク」にご参加下さりありがとうございます。

私たちは簡単なことをするにしても、結構からだを置きざりにしがちです。「からだにも注目して!」と言われる事も多いかと思いますが、実際はどうしたらいいか分からず、からだに注目しようとしたら周りが見えなくなったり、自分が思っている「からだへの注目のしかた」をやっているだけであまり変わらなかったり、むしろ余計に大変になったり、本当にいろいろな事が起こります。

今回は自分のしていることに気づいていくことだけで、自分の心身が結果的に変わっていくことを体験できたかと思います。この体験はあまりにも体験的だから、書き記す事はむずかしいです。。興味を持たれた方は是非あしを運んでください。

次回、皆さんとどんな探究になるか楽しみです。
俳優でない方でも、興味をお持ちの方なら参加は大歓迎です。

3回連続シリーズ 「俳優向けのアレクサンダーテクニーク・ワークショップ」
次回は2018年5月19日土曜日 13時〜16時30分です。