アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

分かりやすさ

ロシア上空の景色は見ていて飽きません。

2ヶ月の勉強を終えて帰国した。

自分の学びたい事と、学びたい姿勢はマーシャルアーツ(武道)と似ているんだなと再認識しました。イスラエルで教わった先生が学生のころ、学校でみんなで読んでいた唯一の本がヘリゲル著「弓と禅」だったと聞きました。再読のため新訳(魚住孝至訳)をkindleで購入しました。旧訳との大きな違いは、弓道の歴史的背景の説明などなど。


弓道というのはご存知の方もいると思いますが、「的を射ろうとしない」精神を、心身を使った体験を通して修めていきます。
新訳で分かったことは、大正時代に「いやいや、的に当ててなんぼでしょう」という人々が登場し、あっという間に弓道会の会長にまでなったことです。
いつの時代も起こることは変わりません。How to(やり方)、変わる事を謳うもの(ああ耳がいたい)、分かりやすく改変されたもの、派手なもの(ドラマチックなもの)は好まれやすいです。もちろん、好まない人もいます。
最近は「目で見て覚えろは非合理的だ、はじめから教えてくれた方が早い」という論調を目にすることがあります。ヘリゲルも呼吸について師匠がすぐに教えてくれなかったことへ疑問を抱きました。同僚の小町田氏はこう答えました。


「もし師が呼吸の訓練から稽古を始めたならば 、あなたは決定的なことを得たのが呼吸法のお蔭であることを納得できなかったでしょう 。あなたは 、最初にあなた自身の試みによって難破しなければならなかったのです 。師があなたに投げる救命浮輪を摑む準備が出来る前に 」


じゃあ自分は何ができるんだろう?と考えると、練習だ、作曲だ、レッスンだ、実生活だと分けずに、等しく向き合い続けることなんだなあと思いました。その先に何があるか、50年以上教えながら実践し続けている先生の背中が、見せてくれました。私は気長に楽しめるといいな。

ロンドン

「けんはホロコーストを知っているか?」

ロンドンで5週間のアレクサンダーテクニーク研修を終えて、いまはイスラエルで研修中です。ロンドンではDorothea Magonet先生のレッスン、Peter & Ellie Ribeaux先生の研究生クラス、そして思うところがあってIlana Machover先生の学校に学生として通いました。友人になった先生と練習会をしたり、イギリスに住んでいる日本の先生たちと会いました。


Ilana先生は84歳の先生です。生きたアレクサンダーテクニークという様相です。もしかしたらロンドンにある学校では、いま一番古い歴史を持っているかもしれません。妊娠、出産、育児についてのアレクサンダーテクニークの本を書かれているので、ご存知の方もいることでしょう。

6月に3週間この学校に通ったとき、ここで学び直したいと思い、今回は5週間お世話になりました。ロンドンの学校の1学期は2期に分かれていて、5週間やって、間に休みがあり、また5週間あります。私は前半の5週間を通いました。もっと通いたかったけれど、ビザの問題で難しかったです。Ilana先生や学生、この学校で知り合った多くの先生に、来年またお世話になりますと言い、別れました。



Ilana先生はたびたび「けんはホロコーストを知っているか?」と聞いてきました。私は知っていると答えました。それ以上なんと言えればいいか分かりませんでした。先生は私の答えを聞くと、それならいい、といつも言いました。ある日、彼女のインタビューが載っている本を見つけて読んでみました。そこには、周りの多くの人をホロコーストで亡くした体験が書かれていました。私はこのようなバックグラウンドを持つ人とお会いしたのは、はじめてでした。


昨日になって、その学校を閉校したとの知らせをIlana先生から受け取りました。ご高齢だしいつかはと覚悟していましたが、その日がやってきました。大きな喪失感。短い間とはいえ本当に良くしていただいたし、楽しみながら真剣に学び続ける事をご本人の在り方から学べたことはとても大きかったです。とてもとても愛情深く、根気強く教えて下さりました。この経験は宝物です。

動きから生まれるもの

巨大な半紙は圧巻!指先に墨をつけてからだを動かしていくと、こんなに個性的なものが描かれました!

このたびは、おとなワークショップ「アレクサンダーテクニークやってみよう!~手で墨を描く~」にお越し下さりありがとうございました。
満員御礼、16名の方が参加されました。
キャンセル待ちの方は申し訳ございませんでした、また企画いたしますのでお待ち下さい!

絵を描こうとすると「こんな絵を描こう」とか、「描くのは苦手だな」とか、自分の絵に対する考え、信念があらわれて、前のめりになったり萎縮することがあります。今回は描こうとはせずに、ただからだを動かして、半紙に動きの軌跡を残していくという、シンプルな実験をしました。いろんなムーブメントを体験した皆さんは、ぐるっと貼られた半紙の前で、それぞれ思い思いの動きをしていました。帰るときの皆さんの笑顔が嬉しかったです👍

アレクサンダーテクニークのワークショップ、楽しいです😊

ワークショップ、レッスンの日程はこちらをご覧下さい。
http://alexander-ken.hatenadiary.jp/entry/2031/10/07/084652

「わたし」の使いかた

フランスの真ん中あたりにある、ベジエ村に逗留しています。暑いなか教会まで散歩しました。建物の中は冷んやりとして気持ちいいです。


クロアチアの公演について「ダンサーがトランスしていると気持ちよく見える」とか、「音楽がとてもよく感情を表現できていて、聴いているとトランス状態になる」と、よく感想をいただきます。

トランスとは恍惚の事であり、我を忘れることです。我を忘れる状態には、ふた通りあるかもしれません。

①瞬間瞬間に必要なことを淡々とこなし、今している事が正しいかとか、どう感じているかが気にならない状態と、

感じに取り込まれて恍惚として、自分も周りも見えなくなっている状態、です。


①を目指しているのですが、なかなかに難しいです。

例えばダンスの話。身体がうまく使えている人は、感じていることに取り込まれて恍惚としても、身体は自動的にうまいこと動き続けているから、あんまり困った事にならないかもしれません。そういう人が指導者になったとき、悲劇が起こります。身体をどう使っているかは客観的に分かっていないのに言語化するもんだから、見当違いな指示(例えば口角を上げるとか、お腹を膨らますだとか、胸を上げるだとか)を生徒に出しやすいです。ここで身体の使い方の間違いが生まれます。もともと身体がわりと使えている生徒は稀にできて、体力の有り余る生徒は力ずくでやれて、他の多くの身体がうまく使えていない生徒は迷走します。
その上、感情を表現したりトランスする事を求められ、指導者と弟子たちは、まるで宗教のような恍惚の集団を作るのでした。


50年以上、手でものづくりをしている人が言いました。

「作っている時は淡々としていて、トランス状態にはならない。終わった時もやった!という達成感がない。ただ、おわった、だ。トランス状態になって気持ちよくなっているダンサーや音楽家が羨ましい」

私はその方の物作りに向かわれている状態を羨ましく、かっこいいなと思いました。

いい演技とは何か?

いい演技とは何か?
  1. 世界を共有する
  2. 心を揺さぶる
  3. 真実でいる
  4. 自意識をなくす
  5. お客さんを楽しませる
  6. リラックスしている
  7. ハイクオリティ
などなど
 
昨日のワークショップで、俳優さんたちに聞いたら出てきた言葉の一部です。こう思うことにはなんら問題はないです。ちょっとアレクサンダーテクニーク的視点を持ってくるのなら、この状態/結果にたどり着こうとした時、自分になにが起きているのか気づいたらどうなるか、状態/結果にたどり着く為にどのように取り組めるか、と考えてみます。
 
今回もひたすらに、からだ側から心身にアプローチすることに取り組みました。最後の振り返りの時間は、それはそれはとてもいい時間で(ちょっと内容はかけない)、アレクサンダーテクニークっていいなぁと改めて思いました。
 
だいぶ夏らしい空になってきましたね〜 :)

f:id:alexander-ken:20180603113822j:plain

リハーサル

今日は海外公演の初リハーサル。はじまる2時間前にさいごの曲が完成して稽古入りするも、いざ舞と合わせてみると違うねとなり。 みなさんの力を借りて公開作曲しながら舞も創作。無事に完成。

じぶんの作りたいものじゃなくて、そこに必要なものを選べばいい。もっと選べるようになりたいものです。!

刺激ってなんだろう?

今日の俳優のためのアレクサンダーテクニークのワークショップ、そもそも刺激ってなんだろう?からはじまって、自動的な反応に「ちょっと待って」を言い続けてるとどうなるか?を体験し続ける内容でした。

皆さんの変化がとても楽しかったです。

 

次回は6月2日土曜日となります。

俳優でなくとも、表現に興味がある方なら参加できますのでご連絡下さい。

alexander-ken.hatenadiary.jp