アレクサンダーテクニーク / Alexander Technique - 海津賢 (かいづけん / Ken kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

雑記

「待つこと」について

何かしたくなった時に、ただ待ってみることはなかなか難しい。その事について、アレクサンダーテクニークの教師になる勉強をしているとき、卒業エッセイを書いた。レッスン中にこのエッセイを読んだ生徒さんたちから、公開するように何度か提案していただい…

ある演奏会で顔を叩いた話を聞いて思ったこと

ビンタを教育的という事もできる。ビンタは暴力だ、戦争と置き換えてみようという事もできる。誰が悪いとかも。それはいったん脇において書いてみる。音楽という刺激はすさまじい。音の刺激のまっただ中にいながら、自分でい続けることはとても難しい。中学…

台湾1

お休みをいただいて台湾に行ってきた。面白いかどうか分からないけれど旅行記です。書き終えられるかな。 ・とにかく近い 「かっこ株式会社」さんによると、日本国内で東京から3時間ちょっとで行けるところは、 ・金沢21世紀美術館(石川県):3時間26分・…

台湾0

台北の湿気は日本よりすごい。

Miya Andoさんと福永監督

芸術家のMiya Andoさんの作品展示会だ。期間が延長されて、8月27日まで渋谷西武美術画廊などで展示中。 ↑これは何年か前に、Miya Andoさんのインタビュー動画で作曲させていただいたものだ。企画はメルセデスベンツ様。曲の途中、2分22秒ぐらいから聴こえる…

寄る年波には勝てぬのが、コンピューターの常

スタジオの音楽仕事用コンピューターを刷新した。27インチのiMacは画面が広い。iMacのセッティングと実験をはじめてかれこれ一週間がたつけれども、終わる気配がまったくない。新しいコンピューターからは、聴いたことがない感触の音が再生される。扱いやす…

「何も考えない、何も動かない、何もしない。」

「何も考えない、何も動かない、何もしない。」あるワークでのイラン・レイシェル先生のことばです。一週間、Ilan Reichel先生のもとで学んできました。 ワークショップのタイトルは「表現のためのアレクサンダーテクニーク」。 そのうち4日間は「感覚の窓…

関西にて

数日ほど大阪と神戸に来ている。アレクサンダーテクニークのワークショップの打ち合わせ、レッスン、練習会に研修と、アレクサンダーテクニーク三昧な旅だ。大阪でエスカレーターに乗ったとき、「あ!並ぶところ左右逆だったっけ!」となった。これくらいの…

まぜまぜ、ネバネバ

連日の暑さと特に湿気は中々すごい。お風呂に入っているみたいだ。こんなときこそ、食べものに頼ってみよう。 蕎麦、オクラ、みょうが、納豆、大葉、山芋、生卵、油揚げに麺。 つゆをかけて、まぜまぜ。ねばねば。 食べたらいきなり元気になった。食べものっ…

どのようにラーメンを食べるか

先だってアレクサンダーテクニークの練習会で北鎌倉駅に行った。駅前にある創業五十数年の中華料理屋さん、昭和感たっぷりでなつかしさを感じる。 このお店、カウンターの椅子がとても高い。むかしの日本人の身長に合わせて作られたのだろうか。シンプルなラ…

習慣について

こないだ冷蔵庫を買い替えた。いつものようにアイスクリームを取り出そうとしたところ、扉があけられなかった!新しい冷蔵庫は以前のものとは取っ手の位置が違うのだ。「これが習慣か!」とわたしは、おどろいた。アイスクリームを取り出す一連の動作がしみ…