アレクサンダーテクニーク / Alexander Technique - 海津賢 (かいづけん / Ken kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

どのようにラーメンを食べるか

先だってアレクサンダーテクニークの練習会で北鎌倉駅に行った。駅前にある創業五十数年の中華料理屋さん、昭和感たっぷりでなつかしさを感じる。


このお店、カウンターの椅子がとても高い。むかしの日本人の身長に合わせて作られたのだろうか。シンプルなラーメンは450円也。懐にやさしい。気にいって練習会の後にも、つまり1日に2回笑、お邪魔した。

さて、カウンターの椅子が高いところで、つまりは口とラーメン(食べもの)の距離があるとき、どうやって食べることができるだろうか?ちょっとだけアレクサンダーテクニーク的に考えてみよう。いつものように食べてもきっと美味しいだろう。もしちがう選択をとるとすれば例えば「首は自由で、頭は前に上に行きながら、背中は長くて広いよ」と考えながら、股関節から少しお辞儀してみる。ラーメンと口の距離が近くなりますね。ここで食べることもできる。でもそれだとまだ少し遠いと思ったら、「背中が長くて広いよ」と考えながら、すこし丸くなって、「食べものが自分に近づいてくる」と考えながら口に運んでみる。さてどうなるだろうか?
ときどきこうやって、自分を使って実験してみるのも面白いかもしれない。


北鎌倉駅の紫陽花。