アレクサンダーテクニーク / Alexander Technique - 海津賢 (かいづけん / Ken kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

スキレット&カバーで初めてハンバーグを焼いた。

炊のいいところは、食べてみたかった大きさと形にハンバーグを形成できるところだ。

玉ねぎを飴色に炒めて冷まして、肉と合わせてこねて形を作って空気を抜いて。空気を抜くとき、右手から左手にハンバーグのタネをたたきつける方が、パン!という音からするとうまくいっている。左手から右手もより良くなるように挑戦だ、とやりはじめそうだったが、これまでの人生を振り返ると、ここでハンバーグを落として台無しになる率がかなり高いから、取り組むのはやめる。待つことで生まれた新たな選択肢だ。

あできたぞ。なんて大きいんだ。これが私の食べたかった大きさだ。男の牛肉100パーセント、繋ぎなんてやわなもんは使わない。よし焼くぞ。火加減を慎重に、焼ける音に耳を傾けて、神聖な肉との対話の時間だ。


まずはおもてを。



きたぞ!なんと絶妙な焼き加減!ナイフの入っていくさまがたまらない!さあ食べよう。





とっても、、、塩辛い。



何をしてしまったんだ。そうか、こだわりすぎて勢いで塩の分量を盛大に、たぶん二倍くらい間違えたのか。そこは待てなかったのか。なんて残念なんだ、楽しかったからまた作ろう!



I baked a hamburger for the first time using a skillets with covers. The best baking! I can't believe! Amazing!! But...I put too much salt in it. Salty....guilty...
Yes, next!