アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

大相撲の触れ太鼓

昨年のブログ「日本語、デキマス」に登場した神田まつやさんで、偶然にも大相撲の触れ太鼓をはじめて観ました。相撲初日の前日に、興行がはじまることや、明日の取り組みを節をつけて唱って知らせます。何人もの人が順ぐりに唱って、さいごは太鼓でしめていました。かっこよかった!!伝達手段が少なかった江戸時代から続く風習らしいです。


そば屋で相席だった人が話しかけてきました。

「どれもすごく美味しそうに食べるので、見ていると幸せになります」
「だってどれも全部美味しいんですもの」

何を食べていたかというと、お新香、ニシン棒漬け、そばがき、やきとり塩、ちゃわん蒸し、かき玉うどん、揚げ天もり、そば味噌おかわり。満足です。

(ちなみに今回は店員さんに「あなた日本人?日本語わかる?」と聞かれませんでした。)


神田まつや。


触れ太鼓について検索をしたら、わたしの後ろ姿が映る写真を発見したのでお借りします。襟が曲がっています。


お土産に買ったそば味噌です。ラベルも貼られず飾りっ気なしなのがまた素敵ですね。