アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

5/29 5月まで初回無料 | 音楽家の為のアレクサンダーテクニーク ワークショップ

♪ こんな方におすすめ
・演奏している時や演奏後に身体に痛みを感じる
・練習している割に上達していないと感じる
・本番の緊張の中で演奏に集中したい
・もっと力を抜いて演奏したい
・生涯、音楽をやれるように自分をケアしたい

♪ これまでのワークショップの感想
・身体の使い方から意識の拡がりへと繋がる感じを体験できました
・首からフリーにするということが重要だと分かりました
・自分のからだの動きを見てもらうことに意味を感じました
・ピアノに置いた手の力が抜けて重さがのり、楽で、また視野も広がった感覚になりました
・声が出しやすく姿勢の大切さを再認識できました
・意識することが勉強になりました
・腰について発見がありました
・弾くことがこんなに楽しいなんて!

演奏をするときの自分自身の身体の使い方を見つめ直してみませんか?
身体の使い方を丁寧に考えることは、自分の思い描く音楽をより豊かに表現することに繋がります。
音楽に携わっている3人の教師によるこのワークショップでは、参加する方の悩みに対して身体の面からのアプローチ、また自分でどのように考えることが演奏するときに必要かということを探求していきます。

f:id:alexander-ken:20180202012253j:plain:w250

日時 :
5回目 2018年5月29日(火) 10:15〜12:45

場所 : 荻窪駅より徒歩7分(詳細は参加者にお知らせします。)

料金 : 初めて参加される方 無料
2回目以降の方 5,000円

対象 : 楽器、歌、指揮など演奏をする方。プロ・アマチュアは問いません。

教師 : 青沼愛・海津賢・棚橋和子の3人

定員 : 12名


お申し込みURL :
こちらをクリックしてフォームに記入して下さい。

お問い合わせと、メールでのお申し込みは、
kazutana@ya3.so-net.ne.jp
まで。
(メールアドレスをクリックすると、メールソフトが起動します)

参加される方は、レッスンは治療、医療行為ではないことを了承いただいた事とします。


会場にはグランドピアノがあります。ご使用になられる方は予約が必要なので、あらかじめご連絡下さい。


***


2回目のワークショップはフルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、リコーダー、歌、ピアノ…ジャンルもクラシック、ポップス、ジャズと様々な方が計12名来てくださいました。

次回の音楽家のためのワークショップは4月2日に行います。
なるべくたくさんの方に知っていただきたい、という想いから、初回の方のみ無料とさせて頂きます。

私がアレクサンダーのレッスンをしていてよく思うのは、一人一人の身体は本当に違うということ。
良いとされることを、みんなが同じ様に考えればみんな上手くいくはずなのに、そうはいきません。
なので、レッスンは完全オーダーメイドと、よく私の先生も仰っていました。

音楽家にとってのアレクサンダーテクニークは、音楽を仕事としていたり日々練習を重ねている人が、例えば、大事な本番だからこそ起きる緊張からの身体の変化や思考の癖に気付くこと、その時どのように自分や身体と向き合い、やりたいことをやれるようにするか、というレッスンだと私は思います。
筋肉の動き方や正しい姿勢、正しい呼吸法を身につけるための勉強とは少し違います。

アレクサンダーテクニークに興味はあるけど、なかなかレッスンまでは…という方、ぜひ覗きに来てください☺︎

***

講師紹介

〇青沼 愛(Ai Aonuma)

フルート奏者 / 英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT)認定教師 
f:id:alexander-ken:20171219184006j:plain:w140

3歳よりピアノ、12歳より吹奏楽部でフルートを始める。 東京音楽大学卒業、同大学院科目等履修。 2012年小澤征爾音楽塾に参加。第5回、第8回仙台フルートコンクール大学・一般の部入選。 フルートを工藤重典、岩佐和弘、中野真理、居石ひとみの各氏に師事。

大学院在学時より、自身のフルート奏法を改善する為にアレクサンダーテクニークのレッスンに通い始める。 また、脊椎側湾症が明らかになり、どう自分の心身と向き合っていくかということに更に興味を持つ。
アレクサンダーテクニークスタジオ東京教師養成講座にて、細井史江、棚橋和子、大塚由美の各氏に師事。英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT)認定教師となる。

現在、フルート奏者としての活動を続けながら、フルートとアレクサンダーテクニークのレッスンを行う。マエストローラ音楽院にてアレクサ ンダーテクニークのクラスを担当。

Webページ : https://ai1002.wixsite.com/atfl


〇海津賢 (Ken Kaizu)

作編曲家・プロデューサー・ 鍵盤奏者/英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT)認定教師/音楽ワークショップ・ファシリテーター
f:id:alexander-ken:20171219184023j:plain:w170

ピアノと音楽理論を板橋文夫、越智健二、井上博、大石学に師事。CM、映画、アニメーション、J-Pop、舞台音楽、企業用プロモーションビデオ、展示会用音楽などの作曲、編曲、即興演奏を手がける。
突発性難聴をきかっけに、からだの使い方と考えを変える方法を探し、2010年よりアレクサンダーテクニークの手ほどきを棚橋和子に受ける。1年間 Body Chance の教師養成コースに在籍。のちに英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT)が公認する"アレクサンダーテクニークスタジオ東京教師養成講座"の1期生となり卒業。細井史江、棚橋和子、大塚由美に師事。

音楽ワークショップとファシリテーションを、マイク・スペンサー氏(元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者/元英国ロイヤル・オペラハウス エデュケーション部長)、ポルトガルの Casa da Música より学び、東京文化会館にて親子向け音楽ワークショップを共同で開催。

近年では、ニューヨーク在住のErik Shirai監督によるドキュメンタリー映画 "The Birth of Saké" の音楽を作曲。同映画は米国トライベッカ・フィルム・フェスティバルの “審査員特別新人監督賞” をはじめ海外で10の賞を受賞。2つの賞でノミネートされる。 また、米国Facebook社のコマーシャル(part1 / part2 / part3)などを作曲。

Webページ : http://www.thesounder.net


〇棚橋和子 (Kazuko Tanahashi)

フルート奏者 / ドイツアレクサンダーテクニーク指導者協会(ATVD)認定教師
相愛大学音楽学部フルート専攻卒業後、渡独。
ドイツ国立ブレーメン芸術大学卒業。
f:id:alexander-ken:20171219184130j:plain:w130

専攻のフルートを通して、アレクサンダーテクニ-クと出会い、身体の使い方の大切さに気付き、フライブルクの アレクサンダーテクニーク講師養成コースにおいてAranka Fortwangler、Michael Fortwangler 諸氏の もとでトレーニングを受ける。 2003年、ドイツアレクサンダーテクニーク指導者協会(ATVD=Alexander-Technik-Verband Deutschland e.V. (旧 GLAT) ) 公認教師となる。

2005年、米国ポートランドにて、バーバラ・コナブルより「音楽家のためのボディ・マッピング」の指導を受け、 アンドーヴァー・エデュケー ターに認証される。

2006年度より「音楽家のためのボディ・マッピング 6時間コース」を開講。 2013年5月よりアレクサンダーテクニークスタジオ東京にて、英国アレクサンダーテクニーク指導者協会(STAT=The Society of Teachers of The Alexander Technique)公認の教師養成講座のアシスタント講師を務める。

Webページ : http://www014.upp.so-net.ne.jp/alexandertech

f:id:alexander-ken:20171218100425j:plain:w250