アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

ロンドン

「けんはホロコーストを知っているか?」

ロンドンでのアレクサンダーテクニークの研修を終えて、いまはイスラエルで研修中だ。ロンドンではDorothea Magonet先生のレッスン、Peter & Ellie Ribeaux先生の研究生クラス、そしてIlana Machover先生の学校に通った。友人になった先生と練習会をしたり、こちらに住んでいる日本の先生たちとお会いした。


Ilana先生は84歳の先生だ。生きたアレクサンダーテクニークという様相だ。もしかしたらロンドンにある学校では、いま一番古い歴史を持っているかもしれない。妊娠、出産、育児についてのアレクサンダーテクニークの本を書かれているので、ご存知の方もいらっしゃることだろう。

6月に3週間この学校に通ったとき、またここで学びたいと思い、今回は5週間お世話になった。ロンドンの学校の1学期は2期に分かれていて、5週間やって、間に休みがあり、また5週間ある。私は前半の5週間を通った。もっと通いたかったけれど、ビザの問題で難しかった。Ilana先生や学生、この学校で知り合った多くの先生に、来年またお世話になりますと言い、別れた。



Ilana先生はたびたび「けんはホロコーストを知っているか?」と聞いてきた。私は知っていると答えた。それ以上なんと言えればいいか分からなかった。先生は私の答えを聞くと、それならいい、といつもおっしゃった。ある日、彼女のインタビューが載っている本を見つけて読んだ。そこには、周りの多くの人をホロコーストで亡くした体験が書かれていた。私はこのようなバックグラウンドを持つ人とお会いしたのは、はじめてだった。


昨日になって、その学校を閉校したとの知らせをIlana先生から受け取った。ご高齢だしいつかはと覚悟していたが、その日がやってきた。大きな喪失感。短い間とはいえ本当に良くしていただいたし、楽しみながら真剣に学び続ける事をご本人の在り方から学べたことはとても大きかった。とてもとても愛情深く、根気強く教えて下さった。この経験は宝物だ。