アレクサンダーテクニーク / 海津賢 (かいづけん / Ken Kaizu)

アレクサンダーテクニークや音楽や、いろいろなことを書いていきます。

分かりやすさ

ロシア上空の景色は見ていて飽きません。

2ヶ月の勉強を終えて帰国した。

自分の学びたい事と、学びたい姿勢はマーシャルアーツ(武道)と似ているんだなと再認識しました。イスラエルで教わった先生が学生のころ、学校でみんなで読んでいた唯一の本がヘリゲル著「弓と禅」だったと聞きました。再読のため新訳(魚住孝至訳)をkindleで購入しました。旧訳との大きな違いは、弓道の歴史的背景の説明などなど。


弓道というのはご存知の方もいると思いますが、「的を射ろうとしない」精神を、心身を使った体験を通して修めていきます。
新訳で分かったことは、大正時代に「いやいや、的に当ててなんぼでしょう」という人々が登場し、あっという間に弓道会の会長にまでなったことです。
いつの時代も起こることは変わりません。How to(やり方)、変わる事を謳うもの(ああ耳がいたい)、分かりやすく改変されたもの、派手なもの(ドラマチックなもの)は好まれやすいです。もちろん、好まない人もいます。
最近は「目で見て覚えろは非合理的だ、はじめから教えてくれた方が早い」という論調を目にすることがあります。ヘリゲルも呼吸について師匠がすぐに教えてくれなかったことへ疑問を抱きました。同僚の小町田氏はこう答えました。


「もし師が呼吸の訓練から稽古を始めたならば 、あなたは決定的なことを得たのが呼吸法のお蔭であることを納得できなかったでしょう 。あなたは 、最初にあなた自身の試みによって難破しなければならなかったのです 。師があなたに投げる救命浮輪を摑む準備が出来る前に 」


じゃあ自分は何ができるんだろう?と考えると、練習だ、作曲だ、レッスンだ、実生活だと分けずに、等しく向き合い続けることなんだなあと思いました。その先に何があるか、50年以上教えながら実践し続けている先生の背中が、見せてくれました。私は気長に楽しめるといいな。